生け花(2011年冬) 

 

11月〜12月にかけて 我家の水周りのリホームがスタートし 

室内は足の踏み場もなく  

11月末までお花を活けられずにいました。

 

 

  

  



 

 

「盛花」

一つ目の花材・・バンダナリーフ・レモンリーフ・菊  

お流儀・混ぜ生け  

二つ目の花材・・バンダナリーフ・カーネーション  

「お流儀の葉組」の混ぜ生けを習った。 

とても新鮮な感じがするが 昔から有るお流儀だそうだ・・ 

先日からお借りしている、先生の本にも時々登場している。 

  

  



「生花」「三管筒・飛び留」 

花材・・プリペット・チューリップ 

生垣に使われるプリペットがお生花に登場とは・・ 

12月に入るとプリペットは葉を落とすので 気になっていました、 

やはり三日目頃から落ち始めました。

 

 



直成体・見越留 

一つ目花材・・ クロモジ・ワビスケ・乙女椿 

いつかお稽古したかった「見越留」 

クロモジの枝を透かして 留めのワビスケが見えます

景色活け・池水の景 

二つ目花材・・ クロモジ・ワビスケ・乙女椿 

残った花材でもう一生ける。 

クロモジが少し残りましたので、お正月の「箸置き」にと 

先生のお言葉で 一寸した風情あるお正月の演出ができそうです・・♪ 

 

 



卯杖(うづえ) 

一つ目花材・・ヒカゲカズラ・稲穂・南天・金柑・リュウノヒゲ  

今年もぜひとも作りたかった「卯杖」、いつものお教室ではする人がいなかったので 

「樫田のお教室」まで遠征してきました。 

「樫田」は山がそばにあり、当日に生徒さんがヒカゲカズラをとりに行ってくださり

稲穂・南天も分けてもらい、豪華な「卯杖」が完成しました。 

去年我が家ではヒカゲカズラに霧を吹き付けても 1週間目にはヒカゲカズラの葉がチリチリになりましたが、 

「樫田」では2カ月たっても 葉が青々していたとか 旧家の気温はかなり低いようでもつのかなぁ〜?。 

今年「卯杖」を 夜は霧を吹き付け 外に出してみようとおもっています。 

万年青 (お流儀 七五三 ) 

一つ目花材・・オモト

樫田で「万年青 」も教えていただきました。

家で生けなおしてみましたが・・難しすぎ・・長い時間お花の前に座っていました。 



もち花 

花材・・ヤナギ・餅・南天・ロウバイ・葉ボタン・松・竹 

畑で竹を分けてもらい、昨年京都で見た餅花を真似てみました。 

ヤナギは公園で頂き 南天・ロウバイは友達のお庭から

松はカレンの散髪の帰りに 松の剪定をされてるお宅から頂きました。

見事な玄関飾りが完成し、大満足〜〜♪

若松 

花材・・若松 

今年も水引のかけ方を覚えられなかった・・・。 

今年で2回目なので・・後日練習できそうです。 

次こそおぼえていかないとねぇ〜〜。 

若松もそろい 我が家の玄関飾りは無事終了 大満足〜〜♪